« 卒業 | トップページ | よく来たね »

いただきます

本日の通夜、その際の法話から ・・・

どうして「いただきます」というのでしょうか。
それは、感謝の気持ちです。
私たちは野菜や動物の命をいただいて食事をしています。
その命に対する感謝の気持ちが「いただきます」です。
また、愛情を込めて料理してくれた人や、生産者や、
自然の恵みに対して感謝する気持ちが「いただきます」です。   ・・・

自分を反省し、好き嫌いをせず、欲張らず、感謝の気持ちを持って食事をしたいものです。
帰宅後、家族の対して「いただきます」について話してみました。
あまり関心がないのか、サトコはうわの空。
アキラも通り一遍のことを復唱して、それっきりです。
感謝の気持ちのことを伝えていくのは、日々の積み重ねのなせる業なのか。
少しずつ分かってくれればいいか。

ちゃんと手を合わせて「いただきます」と言っていますか?
誰かに指摘される前に、
「いただきます」は胸の内でもいいから唱えましょう。

|

« 卒業 | トップページ | よく来たね »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。