« 祈りながら | トップページ | ニュース・ソース »

差別戒名

一般的には戒名として使われない文字が被差別民衆に限ってつけられてきた事実をいう。
畜の隠し字(玄・田)、栴陀羅(人間外の人間)、異体文字、画抜き、創字、あて字などが、目じるしとしてつけられ、特に被差別部落民については、「革」「僕」「屠」などと、生前の職業を表したと思われる差別戒名が数多く存在した。
特に長野県では差別戒名の種類が多く、「畜」「賤」「ト」「草」「朴」「僕」「非」「革」「鞍」「似」「皮」「栴陀羅」「婢」「隷」などの文字が使われていたという。

|

« 祈りながら | トップページ | ニュース・ソース »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。