« 見飽きぬもの | トップページ | がけっぷち犬 »

oikos

oikos(オイコス)とは古代ギリシャ語で、本来は「氏族、家、家屋の集まり、集落」のことをさす。
つまり生活拠点、生活の様子そのものの謂いである。
economy(経済学)はoikos-nomos(オイコスに関する規則)が転じたものであり、ecology(生態学)はoikos-logos(オイコスの論理)からきたことばといわれている。
有限の資源と環境の限界が迫り来る一方で、際限無く高まる消費欲求と高度な情報化。
同じを語を起源に成り立つふたつのecoはますます乖離している。
未来への道はふたつecoを引き合わせていくことに見出せるはずだ。
そう信じて、PCを使用するたびに今日も反省を繰り返す。
・・・どうにもできない、のか。

|

« 見飽きぬもの | トップページ | がけっぷち犬 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。