« 拝金経済とスーパーノート | トップページ | 押合圧合みたいな読み方 »

東洋の回復

白川静さんが亡くなった。
漢字の面白さを教えてくれた人。
「漢字の復権」と「東洋の回復」を切望する論考、その業績、後世への貢献度は計り知れないと思う。

--------------------------------------------
白川静[シラカワシズカ]
1910年、福井県福井市に洋服商の次男として生まれる。
小学校卒業後、大阪の法律事務所に住み込みで働きながら
夜学へ通う。35年、立命館中学教諭となる。
43年、立命館大学法文学部漢文学科卒業、同大学予科の
教授となり、54年、同大学文学部教授。
55年、『甲骨金文学論叢』初集を謄写版印刷で発表、
以後十集に及ぶ。
これより先、阪神間の中国古典愛好者らでつくる「樸社」で
講義を始め、講義録は後に『金文通釈』(五十六輯)、
『説文新義』(全十五巻、別巻一)として結実。
60年、『稿本詩経研究』(三冊)を同じく謄写版で発表。
70年、初の一般書『漢字』を刊行。
以後、『詩経』『金文の世界』『孔子伝』などを次々と書き下ろす。
81年、立命館大学名誉教授。
84年『字統』を刊行、毎日出版文化賞特別賞受賞。
87年『字訓』、96年『字通』を刊行。
91年菊池寛賞、96年度朝日賞受賞。
98年文化功労者として顕彰され、99年勲二等を受く。
4年11月、文化勲章受章。

-------------------------------------- 合掌

|

« 拝金経済とスーパーノート | トップページ | 押合圧合みたいな読み方 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。