« 麻酔 | トップページ | さくらんぼ期 »

ドシメトリ評価

携帯電話の爆発的な普及に伴って、それらが発する電波の人体への影響が問題になっている。
この状況に対して、携帯電話を対象とした人体防護の局所吸収指針や規格が先進諸国において制定される運びとなっている。
しかし、評価尺度として採用されている局所的な電力吸収量(SAR : Specific Absorption Rate)の評価法が国によって異なっていて、 結果として指針値は国際間で整合していないという。
一般に、 電磁波を浴びたときの人体内SARの定量化をドシメトリ(Dosimetry)というのらしい。
携帯電話会社のテレビCMがにぎやかに流れている。
「auの夏」「DoCoMo2.0」も結構だが、携帯電話の安全性評価について、わたしたちはもっと注目していかなくてはならない。

|

« 麻酔 | トップページ | さくらんぼ期 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。