« デスクトップ替え | トップページ | 自分 リスペクト »

局所SAR

人体に許容される電磁波の基準として「全身平均SAR」と「局所SAR」のふたつの基準値が定められている。
この基準値は10年前に定められたもので、5年前には人体側頭部のそばで使用する携帯電話端末等に対して、電波防護指針に基づく局所SARの許容値を満たすことが義務づけられている。

「局所SAR」とは何か。
人体が電磁波にさらされることによって、任意の10g当たりの組織に6分間に吸収されるエネルギー量の平均値のことだという。
単位はW/kgでキログラム(kg)あたり何ワット(W)の熱エネルギーを吸収するかということであらわしている。
この値が大きいほど人体への影響が大きいということになる。
ちなみに、
日本は、10gあたりの測定単位で 2.0W/kg 
アメリカ は、1gあたり 1.6W/kg

また、各携帯電話会社では機種別の数値を公表している。

私はこの値の低いPHSを使用し自己満足しているわけだが・・・。
本当のところ、なんだかよくわからない。

W-ZERO3(WS003SH) ⇒ 0.0213


|

« デスクトップ替え | トップページ | 自分 リスペクト »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。