« 砂時計のなか? | トップページ | 詰めこみ過ぎ »

大きな個性の死

祖父の命日の19日。
荒川修作が亡くなった。
この49日間のうちに
彼の残した作品たちと再会したいと思う。

あの部屋

|

« 砂時計のなか? | トップページ | 詰めこみ過ぎ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。