« 健忘 | トップページ | 心の病気手前? »

家族で故郷へ

本当に久々に4人で動いた。
故郷には祖母が母がいる。
納骨堂では祖父が父が待つ。
ボクらの社、留萌湊神社は荒海を鎮める。

日帰りはきつかったけれど、
4人で動くことはこの先そうそうないとなると
感慨深い。
時は確かに移ろったのだ。
姉は大学進学。
弟も高二になるのだから。
アンパンマンや機関車トーマスを与えなくとも
彼らはそれぞれに寡黙だ。

時間には弁明できないな。
いつか膨張して弾けてしまう大宇宙に倣って
家族の小宇宙も膨張の加速度が増していく。
子たちの成長にはとうに追いつけない。

この社会の苦境にあって、この春こそ
ボクたちの成長のときなのだと。


往復6時間。
考えごとをするには、おつりが多かった 。


|

« 健忘 | トップページ | 心の病気手前? »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。