« 自分も、アップデートだな | トップページ | はたち »

カダフィの死

Qaddafi
寝ぼけ眼で玄関先へ。
朝刊一面のカダフィの肖像が脳内のカンバスに飛び込んできた。
久々に鮮烈な印象を受けた。
衝撃的な ・・・
「死んだな」、活字を確認する前にそう直感した。
今朝は記事を深く読まないことにした。
少年期、この人物は英雄だと思っていたから ・・・
そのことがただ懐かしいだけだ。
齢を重ねた今でも遠いアフリカの事情はよく分からない。
理解できない 。

|

« 自分も、アップデートだな | トップページ | はたち »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。