« 春の採点 | トップページ | 春の採点 2 »

GDPRへの対応

・個人情報の利用にあたって提示する約款は、誰もが理解できる言語で記載されなければならない。
・かつ約款は、簡単にアクセスできるようにしなければならない。
・権利侵害のリスクのある情報漏えい事故の際には、発覚後72時間以内に通知が必要。
・個人情報の主体は、個人情報処理の有無、目的、利用方法等を確認できる権利を有する。
・主体が同意を取り下げた場合等は、個人情報の削除、さらなる流通の中止等を請求できる。
・業務内容によっては、情報保護責任者(Data Protection Officer、DPO)の設置が義務となる。

...

|

« 春の採点 | トップページ | 春の採点 2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。