« つらい朝刊 | トップページ | あの秋の散歩から »

いまさら方丈記 

Img20180918m002re20150918

私たちは電気のある生活のなかでしか生きられない。
本当にそうなのだろうか。
発災から毎日10分程度繰り返して考えてみた。
そして、いよいよヒントを古典に求め、すぐに気づいたことがある。
現代人は生物としてあまりにも弱いということ。
北海道の地にあって今のところいくら考えても、次の長い停電の虞からなかなか脱することができない。


|

« つらい朝刊 | トップページ | あの秋の散歩から »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。