« オイル | トップページ | 刀無の頃 »

並製本の魔力

Img20181023ev005
村上春樹の小説はペーパーバックで読み返したときに大浪になって迫ってくるのだ。
逃げようはあるが、そのまま多分逃げないで溺れてみようと思うのではないだろうか。


|

« オイル | トップページ | 刀無の頃 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。