« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

光の国

Img20181130dt001
M78星雲には「光の国」というところがあってウルトラ族が住んでいるって書いてた。
書いてた本はもうここにはないけれど、周りのともだちは皆知っていたことなんだ。
周りのともだちはもうここにはいないけれど。
正義を欲する思いは誰も同じさ。
時間や空間が違っても決して変わらない。
いまも光の国はきっとある。
この日本には姉妹都市があるからね。

| | コメント (0)

本貫

Img20181129n1674

坐摩神社 いかすり(ざま)じんじゃ = 摂津国一宮
大阪府大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺3 = 大阪市・本町
祖父が船玉さまや本町にこだわった理由。

| | コメント (0)

島の入り口から

Img20181128ev004
好天にめぐまれて欠航には遭遇しなかった。
しかしながら、台風到来期はどうなってしまうのだろう、なんて要らぬことを想像してしまった。
ひとたび島の入り口に来たのだから、要らぬことを想像するのはやめよう。
もっと想像することはある。
いいことに気づいていなかったことがきっと隠れている。
ここはその先へ行くための入り口だと、思え。
島から帰っても効き目は当分続くのだから。


Img20181128n002


| | コメント (0)

島の時間

Img20181128m002
n島、t島、i島を巡ってきた。
特にn島ではバスに乗り遅れて歩きに歩いた。
そこで強く感じたのだ。
ヒトは時間に限りをつけたがる性質からなかなか逃れられないものなのだと。

島のバスは観光者用と島民用とに分かれ、それぞれのバスの停留所が少し離れている。
時刻通りに運行しているバスは観光者用。
ゆえに和多志は遅れた。
時刻通りに動きたがる和多志は遅れ、小さな目的が果たせなかった。
それは限られた時間の中で目的をぎゅうぎゅうにつめこんで方々を巡ろうとするから。
島にいるときくらいはけっして限りをつけたりしないほうがいい。
今更ながら強く強く感じたのだ。


Img20181128ev006n


| | コメント (0)

SDR MORE

Img20181117em003
サーバーは立てた。けれど未公開。けれど満足。

| | コメント (0)

イソギンチャクと記憶の壺

Img20181116n002
壺が溶け始める?
なんとも怖い表現があったものである。
お上らしい。


| | コメント (0)

PHOTO STOCK PAGE スタート

Img20181110n001
PHOTO STOCK PAGE


| | コメント (0)

///X・Y・Z

Img20181110dt007


この頃はWHAT3WORDSをもっと有要に使う手立てはないものか、考えている。
緯度経度だけにとらわれていない点がいい。
上の画像のように、紅葉時の池への下り坂の地点が「あさせ・かえで・おくゆき」なのだから、ただただ楽しい。
自宅玄関先の3M×3Mエリアが「なにか・ごがく・ぶんつう」だなんていうのも気に入っている理由。
ちなみに自宅居間のあたりは「えあこん・つながり・としょ」と、なんだか出来過ぎくんなのだ。


| | コメント (0)

掏られた日

Img20181103n003
好天にめぐまれて公孫樹や楓の枝越しにたくさん空を見ていた。
この空見と空見の酔いこそ実は恐ろしい。
私の場合そのすきに時も居場所も掏られてしまうからだ。
正直言って今日はおそろしいほど掏られてしまったと思っている。
辛さ苦しさ悔しさの一揃えがほぼ残っていないのだから。
のどかとしか記憶に残らない日。
つまり、掏られた日。

| | コメント (0)

ご都合主義

Img20181102m001
今回閣議決定した入管法改正案では国家安康とはならない。
ひたすら人手不足解消のために外国人を受け入れようとする現政権の力技は無謀だと思う。
先年人口統計にも取り込んだ外国人住民の生活実態や彼らのおかれている社会環境をもっと調査すべきであると考える。
そして何よりも期間限定をやむなくする国民(=外国人住民)の参政権がおろそかになってはならない。
これらの点をクリアできる見込みがないのに法案化を目指すのは甚だ以って拙速ではないだろうか。


| | コメント (0)

阿頼耶識

Img20181101n002
この時節は残念ながらいろいろ薄れてしまう。
ネットで綺麗なものばかり見せつけられて、自分の好きな色や形が分からなくなっているようだ。
この当惑、延々と続いていくのだろうか。


| | コメント (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »