« 2018年11月 | トップページ

2018年12月

十に二の月

師走。
職場や自治会、某団体で・・・歳末たすけあいに遭遇する。
世間とどの程度で折り合いをつけるのか。
和多志の発想と対処方法は次のとおりだ。
あれこれご馳走を食べたいという気持ちとご馳走を食べる分をほかに回そうという気持ちとの我慢くらべと心得て、
基本12月に外食と遊興に使った総額にとある定数をかけ算出した金額を寄付するというもの。
とある定数とはずっと十に二。
酔狂する自分のどこかに引け目を感じていないとたぶん駄目なのでしょう。

| | コメント (0)

Singapore Case

Img20181208ev004
クレージー抑止のための戯画

| | コメント (0)

F35

Img20181208n003sp


| | コメント (0)

12/8

Img20181208dt001ef
きょうはいろんな日なのですが ...
きょうだけは何も知らずにやり過ごしたいわけです。


| | コメント (0)

完全天日塩の文化

Img20181205n002
塩をつくるというこの営みは大変なことだと今更ながら考えさせられる。

| | コメント (0)

CLOCK


Check out the newer version!

| | コメント (0)

ふるさととアート

Img20181201dt002
畑にかぼちゃがごろごろ転がっている。
きみのふるさとがそんななら黄色のかぼちゃは要らないかもしれない。
でもそう考えてしまうのはつまらない。
視界の中に人工のおおきな黄色のかぼちゃがいるだけでしあわせな気分になれる。
この効果はいつまでも続いていくに違いない。
だから和多志のまちの波止場にもひとつほしい。
心底そう思う。

| | コメント (0)

« 2018年11月 | トップページ