« 年賀状じまい ... | トップページ | PAUSEONLINE »

一八

Img20181231dt001
2018年が終わる。
大晦日が近づいてくると、諸事ついつい欲張りがちになる。
そして大晦日当日となると、なぜか一気にいい加減になる。
と言うのか、力みが抜ける。
ゴールに達したつもりになるのか。
日々の「騙し」から解放された気分になれるからなのだろうか。
今年も夥しい数の「騙し」を見たり聞いたり読んだりしてきた。
実際に「騙し」に遭遇したこともある。
狡猾で冷酷な人間の業が蔓延している。
とにもかくにも「騙し」が多過ぎるのだ。
渡る世間は「騙し」ばかり。
ひとたび天上から俯瞰してみよう。
騙すほうも騙されるほうもなんとも不幸ではないか。
不幸を増殖させて、この世の坩堝は、このまま移ろっていくしかないのだろうか。
和多志も出来る限り「私」を使わず、「和多志」と称して所詮は「騙し」を行っていたかもしれない。
騙されることを忌避したいがあまりに私は「和多志」を願う。
醜い抵抗かもしれない。
抵抗にすらなっていないかもしれない。
でも「和多志」を駆使して騙されないように進んでいこうと思っている。
来年は2019年。
一九、いや一休。
「一休」さんに倣って自分なりの頓知をきかせやっていくしかないようである。
改元の年くらいはいわゆる「いい年」にしたいと人並みに願ってもいいですよね。


Img20181231dt002

Img20181231dt003_2

Img20181231dt004


Img20181231dt005


|

« 年賀状じまい ... | トップページ | PAUSEONLINE »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。