« 緊急停止訓練 | トップページ | 異年同日 »

新品の春

Img20190310m001_2
新品を手にするのは嬉しい。
春は特に特に嬉しい季節だ。
でもあの年、新品の春は終わったんだ。

どんなものにも新品時代がある。
どんなものも色褪せる。
次の新品に思い焦がれるのは当然の行動だと思う。
しかし、だ。
新品状態はすぐに取り戻せなくなる。
新品状態とは一瞬で壊れてしまう可能性を内包して輝いていることだ。

そんな理にたどりついて、たどりついたものだから安住するかのように次になかなか進めない。
思いは被災地へ。
確かに被災地の社会資本はみな新品かもしれない。
改善され以前よりも便利になった箇所も数多いと思われる。
でも社会資本は魂の持ち主の人間が使っていくものだ。
新品がありがたいと真に感じられなくなったら、その先には行けないのだ。
8年ではまだまだ深呼吸が足りない。


|

« 緊急停止訓練 | トップページ | 異年同日 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。