« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

平成の縁で(3)

Img20190430dt001

地元の住吉神社境内にて。

1分にも満たない夢心地だったが、さて、明日はどうだろう。

| | コメント (0)

花咲

Img20190428ev001

実家から譲ってもらった某植物が開花した。

出掛けない連休だが、窓辺も楽しい。

| | コメント (0)

3時に起きて ...

今日は3時に起床。なかなか寒い。

これから数件の「直し」にとりかかろうと思っている。

朝飯前になれば良いのだけれど。

 

 

 

| | コメント (0)

平成の縁で(2)

Img20190428dt001

物置小屋の完成まであと少し。

令和初日までにはなんとかしたい。

| | コメント (0)

増毛山地

Img20190428m001

息子が中学生の頃に購入したデジイチと四半世紀前に購入したレンズ(ニッパチ)で撮影。

本日は北方が素敵だ。

 

| | コメント (0)

平成の縁で

Img20190426ev001 

ありったけの技術を駆使し「この時代の空気感」を次代に持って行こうとしても、まだ無理というもの。

2019年では間に合わなかっただけのこと。間に合わなくて良かった。

いつかこの空気感を完全にアーカイブしてしまう時代が到来したら、和多志などはどこで生息すればいいのか、きっと困り果てるのだろうから。

それまでは、文学、音楽、写真を楽しんで居られるのだろうと考えているが。どうだろう。

 

 

| | コメント (0)

HYGGE(0426)

Img20190426dt001

今日は、工作台を眺めているときが、いい。

 

| | コメント (0)

標本木

Img20190425dt001

桜の標本木、徒歩500歩以内で行ける生活圏にないとほとんど役立たないものだと、きょうも改めて思っている。

| | コメント (0)

METs

Img20190425m001

本体とレンズ合わせて2kgオーバー。

このセットが外出しなくなって久しい。

体力温存生活。

今日もMETs「3」を目安で行く。

脳をリフレッシュさせてから、午後は依頼品に着手する。

 

 

 

| | コメント (0)

1時半に起きて2時に寝る

Img20190424m001 学習機能が効いた今朝の目覚め。

窓外、小樽港には大型客船が停泊している。

今日の最高気温予測値は21度。

ここのところの気温の乱高下が気になる。

体調を戻すのはなかなか難しい。

 

 

| | コメント (0)

1時に起きて3時に寝る

近頃は長く眠れない。

1時頃に一旦起きてしまう。

体のほうに従って起きて活動する。

この時間は大抵推敲に使う。

使い切ったか切らないところで、また寝る。

じっくり、が良いのだが ...

| | コメント (0)

LOGIN

ログイン

ぎりぎり。

20日。

 

| | コメント (0)

ログ消し

この1週間はログ消しに費やしている。今回のログとは痕跡であり来し方という意味だ。

ログを本当に消していくのではない。ログを拾ってみるという行為なのだ。

ノートに書き残してあった「言葉」をどう拾い読むのか。拾い遣うの行為を古人に倣ってやっている。

気がつけば1週間だ。

この間、小屋作りも並行している。

悠々自適に指南書はないのだ。

 

| | コメント (0)

物置小屋作り

Img20190409archives 隙間時間を使って、4月9日から。

夕方に着手するのであっという間に日暮れる毎日。

 

| | コメント (0)

桜田氏更迭

Img20190412n002

今朝は実に「卓上四季」らしいコラムだったので、スクラップ。

| | コメント (0)

誤美

Img20190412n001 近頃はゴミばかり排出している。

ゴミを増やしている原因は何か。

畢竟、「消費生活」ということになる。

では、その「消費生活」とやらを改めるか?と自問し、簡単に答えは出るだろうか。

いや、出ない。

今日もまた解決できない。

私は「消費」をやめないからだ。

中学の頃ちょっと賞をもらいいい気になって学校内で「環境小僧」なんて呼ばれていた今は中年男の末路とはこんなものだ。

 

 

| | コメント (0)

TEGAMI

手書きの手紙が3通届いた日。

有難や。

| | コメント (0)

春うに

Img20190410ev001

えりもの海の贈り物。

Img20190410ev002

えりも漁協の逸品。

 

| | コメント (0)

アリストテレスの提灯

殻むきのときに分けておいたのに不意に捨ててしまった。 orz

| | コメント (0)

smombie(スモンビ)

今日は体格の良いスモンビの若者に激突された。

激突の場は札幌駅前通の交差点。横断中に避けきれず巨体の彼の肘が顔面にヒットした。

痛かった。一瞬うずくまった。

横断歩道をやっとのことで渡りきって鼻血の手当てをすることになった。

スモンビはこちらのことを一瞥することなく行ってしまった。

横断歩道の白ペンキの上に和多志の鼻血が水玉模様で浮いている。

手当てをしながら、はじめてスモンビ(行為)に対して憎悪した。

これまで想像で捉えていたこの迷惑行為は本当に許されないことだと感じた

感じたうえで考察するといよいよ深刻になる。

札幌や小樽は言うに及ばず世界中の街の路上で今日もスモンビはだれかと激突しているのだろう。

無反省と無思慮がスモンビの栄養であることは明らかだ。

スマホ依存も甚だしい。

スマホの技術に感嘆する和多志だけれど、感じてしまったので、今更ながら悲しい。

| | コメント (0)

選択

万人に都合の良い品物がないのと同じでそんな知事候補者なんていない。

皆が潔く選択して決まったら指示して都合の良い知事になってもらうしかない。

選挙民は都合を迎合という意味に置き換えたりしてはいけない。

新知事には迎合してもらいたくはないし、こっちだって単純に迎合していくわけではないのだから。

今回は選挙ではなかった。選択だった。

そんなふうに民主主義にはいつ何時も試練が待ち受けている。

北海道という地域の試練はいつも知事選のときに顕現してきた。恐れてはいけない。ことさら悩んでもいけない。

本州と新幹線でつながった今日、「自主独立」みたいな考えは捨てて、この国をもっと成熟させていくための地域となろう。

和多志が希望する北海道は本州・四国・九州と文化のうえでも共存していけるあり方だ。

歴史が浅いなんて言わせたりしてはいけない。

次代を築くために地域はもっと強く豊かになっていくものだ。

中央とのパイプ、そんなものはなくていい。

日本のからだのなかに北海道は不可欠なのだ。

ただ鍛錬が少し足りないだけ。

今日の試練を乗り越え、新しいリーダーのもとで鍛えていくしか道はないのだ。

正しい選択という結果は選択した後の鍛錬によって現れる。

そう信じている。

 

北海道知事選挙投票日にて

 

| | コメント (0)

フォント待ち

Img20190406m001

「令和」のフォント。早く使いたいな。

| | コメント (0)

リモコンコード

ときどき廃品再生を試みる。

現役を退いたリモコンを復活させるのである。

たとえばオーディオ。

我が家にはオーディオ機器のリモコンがたくさんあって、どれも処分せずに電池を抜いて取ってある。

今般は「ONKYO」のロゴがあるリモコンを俎板にのせる。

ONKYOのリモコンコードは、632、633、634。

このリモコンコードを解析して他の機器を「操作」できるように改造するわけだ。

これがそれなりに面白い。

CDプレーヤーのリモコンでテレビの電源をつけたりシーリングライトの調光を操る。

だからどうしたって言われるような小事なのだけれど、和多志などにとってはこんなことが大好物であり大事なのだ。

手持ちのリモコンをハックする。単純に楽しい。

ただし。... こんなことに実は大きな落とし穴や危険があることをじゅうじゅう意識して取り組むのである。

なにせ今の生活って心配なことばかりだから。なにかと疑ってしまう。そして、あ・ぶ・な・い。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

これも

Img20190404n001

季節柄だろうか。

これも。

咲き乱れて散るが如し。

| | コメント (0)

この国の暮らしとは(1)

コンビニ最大手のセブンイレブンが一律24時間営業の見直しの方針を固めた。

この流れは今後の私たちの暮らしに大きな影響を及ぼすものと思われる。

引き続き注視していきたい。

<続く>

| | コメント (0)

VODKA

Imgss20190403dt

かつての競走馬(繁殖番号12427560)の死。

彼女の現役時は幾度もときめいた。

あのレースの日。

ダービーの日。

「あの日」はVODKAとともに今日もう一度死んでいった。

(個人の感想ではあるが)あの日は競馬の風化が始まった日でもある。

 

 

| | コメント (0)

サービス終了

Img20190402dt001

Google+ は終始低調だった。

活用できなかったのは和多志だけではなかったのでは。

本日終了。

 

| | コメント (0)

令和

Img20190401dt001exreiwa

出典「万葉集」。

梅花の歌。三十二首並びに序

初春の月にして、氣淑く風やかに、 梅は鏡前の粉ひを披き、 蘭は珮後の香を薫らす(しぬ)。

 

良いね。

 

| | コメント (0)

248番目の元号

Img20190401m001

4月1日は朝がいい。

朝がいいので気分もいい。

新時代が始まろうとしている新元号発表前の朝なのである。

 

 

| | コメント (0)

シャッフル再生

Img20170826ev002ef

ライブラリーを無作為抽出、「2017年8月26日」を再生。

 

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »