« 選択 | トップページ | アリストテレスの提灯 »

smombie(スモンビ)

今日は体格の良いスモンビの若者に激突された。

激突の場は札幌駅前通の交差点。横断中に避けきれず巨体の彼の肘が顔面にヒットした。

痛かった。一瞬うずくまった。

横断歩道をやっとのことで渡りきって鼻血の手当てをすることになった。

スモンビはこちらのことを一瞥することなく行ってしまった。

横断歩道の白ペンキの上に和多志の鼻血が水玉模様で浮いている。

手当てをしながら、はじめてスモンビ(行為)に対して憎悪した。

これまで想像で捉えていたこの迷惑行為は本当に許されないことだと感じた

感じたうえで考察するといよいよ深刻になる。

札幌や小樽は言うに及ばず世界中の街の路上で今日もスモンビはだれかと激突しているのだろう。

無反省と無思慮がスモンビの栄養であることは明らかだ。

スマホ依存も甚だしい。

スマホの技術に感嘆する和多志だけれど、感じてしまったので、今更ながら悲しい。

|

« 選択 | トップページ | アリストテレスの提灯 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。