« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

通学路

Img20190531dt001large

通学路の安全確保は難しい。

登戸の痛ましい事件のあとで、その理由を考えていると、地元にある奇々なる箇所を思い出した。

某地下歩道。

登校時は通学路としてOK、しかし下校時はNG。

防犯カメラもなし。

小学生に過剰な警戒心を覚えさせるのはつらいことだ。

この地下歩道も安全のための施設だというのに。

 

 

 

| | コメント (0)

舌禍の季節

政治にかかわる人の発言が問題視される機会が多くなった。連日誰かしらがいわゆる問題発言をしている。

問題発言に仕立てあげられたような事例もあるが、ほぼ共通しているのは発言者の強気である。

その強気は何に起因するのか。考えの近い仲間たちの強気に負けじの思いでもっと強気になっているのか。

たぶん発言者は反省せず自身の舌禍を客観視しないのだろう。

自然界はいま芽吹いている。この新緑の美しい季節は人も小鳥のように饒舌になるのかもしれない。

人の発言は囀りではない。配慮が必要だ。配慮のない政治にかかわる人にはすみやかに退場してもらおう。

 

 

| | コメント (0)

構想 0523

Img20190523m002a

| | コメント (0)

ノートする

Img20190523m001w3ti

未使用ノートをながめていると遡ってばかりだ。

これではいけない。

 

 

| | コメント (0)

ドライブ

Img20190518m001 

よく晴れた土曜日。

家人はひとりドライブに出ていった。

ひとりドライブで癒されることは多い。

週末から週末へ架け橋のようなものが必要なのだ。

和多志も家人もそういう感性の年齢となり、ほんとうに馬鹿げたことになってきたこの21世紀をそれなりの事情を抱えて暮らしている。

このままなんとかやっていけることだけを信じて。

| | コメント (0)

シラカバ

Img20190517m001

春の白樺はいい。

陽に映えて美しい。

そして、畏れ多い。

 

 

| | コメント (0)

代用

Img20190514m002

サンスベリアの粘液は接着剤に代用できるかもしれない。

かなり強力かもしれない。

 

| | コメント (0)

BEECH HEDGE

Img20190513dt001

春との別れの場所。

ここが好きだ。

 

| | コメント (0)

運命の木

Img20190509m001 ゲンペイボク、今朝、開花

| | コメント (0)

安全運転

Img20190508m003

交通事故が絶えない。痛ましい事故のニュースに接すると、こんな心でも叫び出そうとする。問わず語りだ。「安全」とは何だろうか。

切れたブレーキランプくらい、さっさと交換しようよ、先週の自分に言う。

 

| | コメント (0)

引き取り手

思い出の品々を処分せざるを得ない事態。誰にでも起こりうることだ。今日はKさんの依頼を引き受けることにした。改めて、家人の賛同が嬉しかった。大事にしますよ。

 

 

 

| | コメント (0)

発露必要と思われるので

Img20190506m001re20170506instagram

SNS投稿、再開。

| | コメント (0)

アドレス帳

アドレス帳を開くたび令和婚した娘の項の編集をためらっている。

もう少しだけ先延ばしにしよう。

| | コメント (0)

改元の価値

改元三日目にして思うこと。

改元という共通体験がこの先の日本社会にどういう影響をもたらすのか。

社会の脆い側面を補い繕うだけの効果が後日出てくるのか。

興味がある。そして、こわい。

 

( )内は和多志の願い

(改元の価値は、平和と安寧を希求する私たちが自らを確認し合うことにある。恣意と受け取られては迷惑なのだけれど。)

( )付きとするのは、「改元の価値」を語ろうとする賤しい発想が全肯定できないから、なのだ。

 

 

| | コメント (0)

相変わらずの記事だが

Img20190503em001

大停電のあとの数日間に何が起こっていたか。

どうしていくことがほんとうの備えなのか、そこらへんを優先して考えていかないと令和はつらい時代になってしまう。

 

 

| | コメント (0)

ロックスター

忌野清志郎 (平成21年没)

X JAPAN  HIDE (平成10年没)

本日令和元年5月2日の命日は彼らの楽曲をそれぞれ一曲チョイスして聴かせてもらった。

ロックスターはいつまでも聴かせてくれる。

わたしたちの痩せて行く感性に筋肉を与え続けているかのようだ。

 

 

| | コメント (0)

get ready

Img20190501dt005 

sansevieria cylindrica

| | コメント (0)

徐々

Img20190501dt004

| | コメント (0)

疑問

Img20190501dt002

「天文学って実は考古学の一部なんだ」

そんなことをうそぶいて叱られたのは15の春。

今日はその春からワープして訪れた「疑問」とやらに問いかける。

「疑問に対して疑問する」

これも立派な考証の動機なのだ。

焦ることはない。新しい時代は自分を抑えひたすら確かめに費やそうと思う。

疑問は尽きない。

 

| | コメント (0)

令和

Img20190501m001

改元した。

改元は竹の節みたいものかな。

改元で秘密を守れる時代になるのかな。

改元はきっとおめでたいな。

改元に合わせて婚姻届をだすんだもの。

改元っていい感じ、そう思えるにはまだまだ時間が必要だね。

産声がはつらつな幼児の笑い声にかわるまで。

とにかく皆が支え合っていつも等しく生きよう。

生きて行こう。

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »