« 相変わらずの記事だが | トップページ | アドレス帳 »

改元の価値

改元三日目にして思うこと。

改元という共通体験がこの先の日本社会にどういう影響をもたらすのか。

社会の脆い側面を補い繕うだけの効果が後日出てくるのか。

興味がある。そして、こわい。

 

( )内は和多志の願い

(改元の価値は、平和と安寧を希求する私たちが自らを確認し合うことにある。恣意と受け取られては迷惑なのだけれど。)

( )付きとするのは、「改元の価値」を語ろうとする賤しい発想が全肯定できないから、なのだ。

 

 

|

« 相変わらずの記事だが | トップページ | アドレス帳 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。