« スルーキートス | トップページ | 3.0 へ »

次の世界

Img20190219dt002remake20190825

早朝メールチェックしていたら友人からのお礼メールを発見した。

10時間以上経過している。

慌てて開き、そして考え込んでしまった。

> この間言ってた「次の世界」って何だ?

< 酔いに任せて確かに強く言い放っていたと思う

返信要旨はこうだ。

< きみは現在銃を持たない生活のなかにある。

< きみが銃を所持する前の生活を「前の世界」と呼ぼう。

< もしきみが他者あるいは自身のこめかめにむけて放つことのできる銃を持つようになった生活を想像してみて。

< それが「次の世界」。

< 喩えは銃が覚せい剤であっても麻薬であっても構わない。

< 共同体のなかで禁忌とされているものを持つならば、想像するに容易い。

< きみと再会したのはヒロシマの日ナガサキの日の直後。

< 毎年「次の世界」を想像する頃だったんです。

< 実はわたしたちの世代は生まれながらにして「次の世界」に押し込められてきたわけ。

< そこで、気づいて思考を停めてしまうか打開へむけて動き出すのか。

< 「次の世界」の住人は必然的にこの選択をせまられているのだと思う。

それが言いたかった。

アベノミクスや景気、あおり運転、いまあいつどうしている?なんていうのはきみとの会話にはふさわしくない。

きみはわたしよりはるかに動いていた。

怒りのベクトルが正しい、今もそう思っている。

< 真舎利のそばで暮らすきみに。 

「次の世界」をいっしょに考えていこう。

 

 

|

« スルーキートス | トップページ | 3.0 へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。