« 融通 | トップページ | 1022 »

思い出せ、ファイヤーマン

Img20191021ev001

ファイヤーマンは197317日から同年731日まで日本テレビ系列局で放送された特撮テレビ番組。

欠かすこともあったが私はだいたい視聴していた。

それではどうして夢中になってテレビに噛り付いたのか。

答えは至極簡単。

いつも、地球が地球が大ピンチだったから ... 。

それではこの番組の主題歌に触れておこう。

名作なのだ。

 

# ファイヤーマン 歌詞

# 歌:子門真人 作詞:阿久悠 作曲:小林亜星

 

# ある日突然 眠りをさまし地球をおそう 神秘のかげに

# だれかが むかって 行かねばならぬ

# 不思議の謎を とかねばならぬ

# 地球が地球が大ピンチ

# 地球を地球を守るのだ

# ファイヤー ファイヤー ファイヤースティック 手にもって

# 変れ 変れ 燃えるマグマのファイヤーマン

# 沈む大陸 さかまく海よ 大都市さらう 竜まき

# 何かがこの世におこっているぞ

# 不思議の謎が つつんでいるぞ

# 地球が地球が大ピンチ

# 地球を地球を守るのだ

# ファイヤー ファイヤー ファイヤースティック 手にもって

# 変れ 変れ 燃えるマグマのファイヤーマン

# 地球が地球が大ピンチ

# 地球を地球を守るのだ

# ファイヤー ファイヤー ファイヤースティック 手にもって

# 変れ 変れ 燃えるマグマのファイヤーマン

変れ 変れ と子門真人が熱唱する箇所が今も鮮烈で、このフレーズがなかなか頭から離れない。

変れ 変れ とシャウトすべき対象はいつの時代にも存在してきた。

存在を知っているのに、いつの間にやらシャウトしなくなったボクちゃんたちが五万といる。

中年男たちがファイヤーマン(マグマ男)の物語を思い出せないとしたら、地球上で猛威をふるう台風ひとつ永久に倒せやしない。

対応できない。

ますます巨大化する台風こそ地球をおそう神秘のかげだ。

倒すことはできなくとも、せめて自分や自分の周りの人たちは守り切りたい。

ヒーローの姿に変身せずともボクちゃんたちにはできるはずだ。

信じている。

台風対策、また始めよう。

 

 

|

« 融通 | トップページ | 1022 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。