« 中年も疑問を抱け | トップページ | , and 24 Jan. 1975 »

秘密

Img20191002n001

秘密にしていた事を公表する。

秘密が秘密でなくなるとき、たいてい秘密の正体は酸化する。

つまり、腐り果てる。

2日の関西電力の会長・社長の会見では、秘密の正体は語られなかったように思う。

秘密の正体こそ私たちが唾棄するものであるのに、その公表内容とは結局のところ腐った果実のほうだった。

おそらく過去の役員たちにも腐った果実は贈られてきたのだろう。

いまや跡形もない、過去のこと、でおしまい。

今回の公表の物足りなさはまだまだ腐っていない秘密の存在を思わせるからだ。

(経営者の資格のない)社長は膿を出し尽くすと言っていた。

膿はあなたたちが去ればいいこと。

問題は残っている秘密のほうだ。

そもそもが間違っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 中年も疑問を抱け | トップページ | , and 24 Jan. 1975 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。