« 今日のデスクトップ | トップページ | 2020 »

駄目

Img20191229dt001

あくまでも私の場合。

今年一番用いた言葉は「駄目」だったと思います。

心のなかではしょっちゅう呟いているし、会話の受け答えでも「駄目」を多用してしまう。

いまや口癖のような頻度です。

2019年。

駄目な事物をたくさん見ました。

ニュースは駄目だらけ。

ヘッドラインじたいが信用できない。

そんなことは誰でもわかっていることです。

ただ突き詰めないという条件下ですが。

 

今夏僧侶の友人との問答で久しぶりだけれどトオルはすぐに駄目って言うよねと指摘されました。

ハッとしました。

20代には「駄目」は禁句でした。

極力使わないようにしてきたことを思い出したものです。

そして、駄目は状況説明にこそ用いてはいけないとも。

囲碁の言葉が武士の世界でひろがって今日世間衆人がほぼ安易に使う。

よくよく考えると「駄目」は避けるべきで、囲碁の盤上ではやはり極力つくらないほうがいい。

不注意だったり、作為的だからです。

駄目と言わない。駄目を作らない。

他者のことを安易に駄目と決めつけない。

自分のこともできるかぎり駄目と決めつけないように心掛ける。

本当に単純なのでした。

20代に決めていたはずのこのルールをどうして忘れてしまったのだろう。

盛夏のあの問答のあと、そっちのほうが怖かった。

今日も今年をふりかえりブログで残そう。

この投稿は駄目ではないでしょう?

 

 

|

« 今日のデスクトップ | トップページ | 2020 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。