« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

異年同日(2015)

Img202003280328m00120150328m

病院(解体中)

 

| | コメント (0)

マーチ

Img20200323dt005

March.  3月

March.. 行進

マーチ... どうしよう。

././ 2020

 

 

| | コメント (0)

住みたいとは何か

Imgss20200317m001

毎回さらっと読んでさらっと忘れることにしています。

住みたいって何でしょうね。

 

| | コメント (0)

京都

Img20200315dt003

息子の生活圏だった三條白川〜三條神宮道

Img20200315dt004

婿さんと最初に会った場所

 

いろいろありました。

また、いろいろあるのでしょう。

| | コメント (0)

厭気

Img20200315dt001

いろいろな雑音の中からでも素敵な声を聞き分ける。

声の主はあのDJ。

そういう仕掛けしかなかった時代にはおぞましい人間の悪意は蔓延しにくかったのだと思う。

人間の悪意が新型のウィルスのように容易には検知できない状況は今も以前も変わらない。

いろいろな雑音に苦しめられることになるので、こんな時にはメディア(ラジオ、テレビ、時にはネット、部分的に新聞さらに雑誌)に濃厚接触しないようにしている。

その態度は危険なのかもしれない。

だが、インフォデミックがもたらす災難まで引き受けなければならないいわれはない。

平時よりもメディアとの距離を置くことによって遣り過ごすで良いのではないだろうか。

技術的にクリアな音が当たり前の時代なのに頼りになるDJはどこにもいないらしい。

仮にいたとしても本当のことは公言出来ない仕組みになっている。

ドルビーの魔法にかけてもこの国のリーダーの声は雑音よりも質が悪いし中身もない。

もう関わりたくはない。

もう一切関わらないっていう ... 覚悟のうえでの、この厭気。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

とりかえしのつかないこと(に対して)

Img20200312em001 

危難はそこにある。

でも、そこに自分がのっかっているとは思いたくはない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月11日の黙祷の後、自分の立っているその場を強く強く踏みしめて考え込むのだけれど、言い逃れのポーズを晒しているだけかもしれない。

それでも無力な私の影は東の方角を指していました。

壊れた方位磁針になってしまわないように来年も何処かでお祈りしようと。

そう言い訳させてもらっている。

口角が震えている人々を想像しながら。

| | コメント (0)

まじ卍

Imgss20200310ev002

多くの犠牲者の冥福を祈る日が続きます。

75年前の今日。その日はいまの日本国とともにあると考えています。

犠牲者とその家族と私たち。

時空を超えて諸縁吉祥を願っていきたいものです。

 

| | コメント (0)

サンキュウ

Wp20200309n003

(普段使いの)ラップトップの壁紙を更新しました。

 今日に感謝です。

 でも、こんな状況が続いてはならない。

| | コメント (0)

壁紙20200309(再掲)

Wp20200309dt001

壁紙20200309

4032 × 3024

| | コメント (0)

アポリア(20200304)

Imgss20200304-dt002c

Imgss20200304dt002a

<東日本大震災追悼式と新型コロナウィルス対策との関連付け>

追悼式は「満員電車」同様ではないのだろうか。

当然不要不急の外出ではない。

 

 

Imgss20200304dt002b

<避難指示解除とJR常磐線との関連付け>

本日、双葉町は帰還困難区域の一部の避難指示解除となった。

14日に全線再開するJR常磐線の駅を使えるようにするためで帰還困難区域では初の解除となる。

この一部とは町の総面積の約5%なのだとのこと。

 

 

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »