« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

豊かさ=可処分所得×可処分時間 Ak!ra Watanabe's homepage

Watanabe3ti_appletouchiconprecomposed

今朝は息子のブログへのリンクを貼ります。

Ak!ra Watanabe's homepageより

 

 

 

| | コメント (0)

すなわちリユース

 Img20200626ev001a

愛機 MacBook Pro(mid 2010)のバッテリー交換を行いました。

ドライブ内蔵ですし、アプリも満載、このOS(10.12.6のまま)上からbashを使うメリットもあるからです。

バッテリー交換は今回が2度目。この間の充電回数は546回でした。

先日タッチパッドの挙動からバッテリー本体が膨張している旨を推定。(先年娘のMacもこの現象により不調に陥った)

筐体を開腹したら正にそのとおりでした。

週末bashとこの機のフレームワークを使用する予定を立てたので、チェック作業をスキップしてさっさと交換しました。

Img20200626ev001b

中古マシンを復活(利活用)させるという行為が流行っていますが、10年前の新品を心機一転こうしてリユースすることも流行ってほしいと思います。

大抵の作業なら10年前機種でも立派に役立ちます。

私の場合、bashとzshの両刀遣いは当面続いていきそうです。

 

| | コメント (0)

Img20200624dt000

2016 . 冬

誕生院

| | コメント (0)

アニメ人物戯画

Img20200624dt007ex 

絵画修復の記事(スペイン)に触発され隙間時間にて作製。

人物は シャア・アズナブル (Char Aznable) にしてみました。

Img20200624dt006ex

元の風景は、(1)石狩湾新港 (2)京都市伏見区石田 

お遊びなのできりがありません。

 

| | コメント (0)

禍〜福

Img20200616m002

2020 . 春 . ever

萬福寺

| | コメント (0)

朱鷺メッセ

Img20200616m001

 

| | コメント (0)

リフレイン

Imgss-20200609-ev001

82週前の夕陽。

神戸。

| | コメント (0)

Docker_Calibre(1)

家庭内LAN上に設置したCalibre(書籍管理サーバー)です。

ネットワークの固定アドレスへブラウザでアクセスします。

認証画面が現れるの登録しているユーザー名とパスワードを入力します。

(ブラウザであれば、PCでもスマホでも使用可能です)

Img20200615em001

<管理画面:メイン>

Img20200615em002

今日は休刊日なので「ニュース」が欲しいところ。

『ニュースを取得』で NEWS Feeds を拾うことができます。

毎朝6時の取得スケジュールとなっているので、現時点(5時57分)ではライブラリーには昨日分のニュース・フィードが書籍形式となって格納されています。

Img20200615em003

選択するとコンテンツへのリンクページが開きます。

Reuters(Japan)の例示ですが、記事は分野別で管理すると便利です。

取得したニュースは自動アーカイブ(60日間保存)となっているので手軽に読み返しができます。

<管理画面:記事一覧>

Img20200615em005

書籍管理が主目的なのですが、このニュース取得機能はなかなか良いものです。

 

=== 追記 ===

ユーザーとして使用するWEBページは以下のようになります。

<WEB共有画面> ※記事は6時に更新したもの

家庭内LANのあるアドレス:ポートにブラウザでアクセスします。

するとライブラリ画面が現れますので読みたい書籍を選択するようにします。

ニュース・フィードといってもあくまでも一書籍として取り扱うことになります。書籍管理なので ... 

<書籍形式> ここから読んでいきます

Img20200615dt001a

<コンテンツ目次>

Img20200615dt001b

<コンテンツ(分野別目次)>

Img20200615dt001c

<記事>

Img20200615dt001d

必要に応じて記事をPDFで(一括あるいは個別)ダウンロードすることができます。

 

| | コメント (0)

夜明けの掟

Img20200614em001full

心算(こころづもり)というものがあって、休みと呼ばれる日それも早朝に必ず覚醒する自浄機能のひとつだけれど、このことに拘っていると凝り性が高じてしまい周りを解さなくなってしまう。

夜明け頃に何らかの誓いみたいなものを立ててしまうと一瞬は気持ちが良いけれど、これが借金のように徒労という利子をも負うことになる。

わかっているのに、自分の掟で自己を縛ろうとするのは、滑稽な習い性だ。

如何せん、美しい朝なのだ。

こうして迎えた日をぼんやり過ごすなんて、多分できない。

 

| | コメント (0)

Docker_Nextcloud(1)

Img20200613-173845

家庭内LANに「Nextcloud(サービス)」を設置しています。

先日からNAS内のDockerによるNextcloud。

インターネット上のバックアップ先はいまのところ◯3です。

このNextcloudは主に「メモ(md)」の格納場所となっています。

iOSの「メモ」は『マークダウン(記法)』なのでNextcloudにそのまま置けますしプレビューできます。

(テキストはこんなで)

Img20200613-180055

(画像はこんなふう)

Img20200613-180115  

(画像のみメモなら)

Img20200613-175828

Nextcloudの「Notes」というフォルダにiOSやmacOSの標準メモアプリで作成したメモを格納しています。

メモアプリもかなり使えるやつになった今日ですのでとっても便利です。

標準メモアプリは音声入力(fnfn)できますから使い方次第ではもっともっと便利になるかもしれません。

 

=蛇足=

またスマートスピーカー(ALEXA)を用いて音声入力で作成したメモを音声入力直後にダイレクトでNextcloud上に格納するスキルを試作してみました。

プレビューするとそれなりの結果のメモとなっていますが、命令文まで書き留めてしまうところがご愛嬌ですかね。要改良。

| | コメント (0)

Docker を使おう

Img-20200613dt001 

我が家では(ほぼ私用ですが)NAS上にDockerやLXCを用いて用途別サーバーを立てて使用しています。

このNASのことを「NAS-Be(なすび)」と名付けし、ほんもののナスの品種のごとく観察対象としているわけです。

(我が家の環境に適合するかどうかという点では、家庭菜園のナスも家庭内LANのNASも要観察であり、何かと手間暇がかかります。)

用途別サーバーについてはオンプレミス版とAWSやさくら某などのクラウドサービスに分けて利用してきましたが、メインとサブを容易に切り替え運用できるという一課題においては、あくまでも低予算を意識して常用しています。

システムの二重化とは(単純に言って)、手間暇+資源+エネルギー+経費を要するものです。

利用目的を達成するために足り得るこのリソースとはどの程度にまとめる(インテグレート)ことなのか。

今後も実践のなかから見出していきたいと考えています。

それでは2020年におけるプライベート・クラウドのトレンドとはどんなでしょう。

  1. セキュアなメインとサブがある。
  2. コスト安でありながら可用性が高い。
  3. リソースはあくまでもユーザーである自分が管理に徹する。

以上を持続していくためには、リソースは単純構造が良い。

用途別サーバーは現在再編成中です。

自宅にオンプレミスで管理しているこれら用途別サーバーから優先的に再編成しているのは思いの外NAS-Beが安定しているからです。

NAS-Beは昨春導入しましたが本体のメモリ不足のためストレージ専用機(本来の姿)でした。

この間ファームウェア更新や物理メモリの拡張、M.2 SSDの交換などで、やっと使い物になる領域に達したと見て、サーバー再編成の中核となるデバイスとすることにしました。

インターネットへの常時接続を夜間切断するに至ったのはプロキシとDNSとなんちゃって認証サーバーをNAS-Be上に置くことができたからです。

いわゆるサーバー筐体(仮想サーバー基盤)のなかのサーバーを廃して、省電力・省スペースのNASにすべてを収容するという課題はクリアしたわけです。

このため約10年間使用してきたI社製サーバーはLANから外しました。

再編成のなかで便利を実感しているのは「コンテナ」の存在です。

つまりDocker。

最近Dockerを用いて作り直したものとしては「cablibre」「Nextcloud」があります。

それらは「書籍管理」と「メモ(md)管理」の用途のために立てるものであり、家中にあるPC(Mac,Linux,Windows)、iPad&iPhone、androidデバイスから容易にアクセスでき且つデータ同期できるというものです。

標題のとおり「Dockerを使おう」なのです。

中年男によるDockerのススメ(技術的なお話)は後日別稿でアップします。

#OSINT

 

| | コメント (0)

メールアドレスの漏洩を確認する

Img20200612dt001 

<画像は私のメールアドレスについて確認した結果です>

このサイトを使います。

定期的に確認し対処するべきですね。

#OSINT

 

| | コメント (0)

溜め

Imgss-20200609dt002 

ロウソク岩。

たまに会いたくなる。

| | コメント (0)

安全第一

 Img20200605m001

お札を納めてきたけれど ...

効き目があると信じて ...

はや三月 ...

 

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »