« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

異年同日(0731)

Img20160731m001remake20200731

いかしたアンテナと朝霧

 

| | コメント (0)

近所旅行 ... まだまだ

2020年だけの連休のさなかにいる。

いつもなら旅行先で何を食べようか思案しているところだけれども ...

どこかに出かけることをしないとはたからは「止まって」見えるのだろうか。

たとえそうだとしても、自宅に篭っていることが「止まっている」とは思わない。

むしろ現状の私は篭っているべきなのだ。

資力も精神力も人並みの免疫力も持っていなさそうなので ...

せめて「近所旅行」という提案があるみたいだけれど、これも止しでいい。

止しの一択。

とっくに今夏今秋は諦めたのである。

コロナ禍に遭遇して未だにフリーズしているのだから、まずはフリーズ状態をなんとかしたい。

 

| | コメント (0)

幌見峠って

Img20200724dt001 

到着前にヴェスパのチェーンが外れるところ(35年前)

患難から解放されたのにCOVID-19に束縛されて来るところ(現在)

| | コメント (0)

スクラップ忘れ

Imgss-20200720m001

18日あさにアップしようと思っていて忘れていました。

思い出して20日あさ.

今UP!

 

| | コメント (0)

玄関デコ

Img20200712m004

〔 左手の鉢 〕

| | コメント (0)

紫陽花(味彩)

Img20200712m001

昨秋、鉢から移植した株。

もっともっと盛り上がってほしいと願っています。

子供時分の実家にあったあの株みたいに。

| | コメント (0)

STATION を使おう

Img20200710n001a

デスクトップ(ディスプレイ)をすっきり使うにはどうしたらよいのか。

よく利用するサービスを統合して”切り替え”操作のみで利用するというのもひとつの方法です。

今回ご紹介するアプリは「STATION」。

STATION はほぼマルチプラットです。

Img20200710n001b

Mac 専属みたいだったこのアプリ。

いまや Ubuntu、もちろんWindowsでも立派に使えます。

Img20200710n001c

インストール後アカウント登録して、お好みのサービスを登録します。(最低3つ)

Img20200710n001d

Img20200710n001f

上のスクショは STATION に登録した Feedly で個別の記事をブラウズしているところです。

はっきり言ってしまえば このアプリ>=ブラウザ ... いや !=ブラウザ ... 。

私は Facebook,Twitter,Instagram,Pinterest ...  などを登録しています。

Slack や GitHub なども登録できるのですが、ちょっと不都合な点があります。

各サービスともに推奨ブラウザがあると思いますのでレスポンスが悪いと直感したら、STATION での利用は諦めましょう。

あくまでも、ちょいと便利にしたい程度の付き合い方が良いかもしれません。

私のように実機のMac,Linux,WindowsやNAS上やクラウドのVPC(Windows)を横断して使う者としては、ちょいと便利を探求してしまうわけです。

ダウンロード先

Img-20200710n001e

 

| | コメント (0)

KiwiSDR を使おう

ラジオを持っていなくともインターネットが使える環境ならばスマホやPCでラジオ放送は聴けます。

<Radiko.jp>または<らじるらじる>などを用いる方法ですね。今やデフォルトです。

でも、他にもあるのです。

それは KiwiSDR 。

ごくごく簡単に説明するとこんな感じです。

(1)世界各地に受信機があって、(2)その受信機にはサーバー機能があって、(3)インターネットにブロードキャストでき、(4)利用者はスマホやPCのブラウザを使って、(5)聴きたい放送局を選局し、(6)ラジオのように聴取する、というもの。

Img20200706n001ww

[ 世界中の受信機(SDR)の所在を示すMAP ]

Img20200706n001

[ 日本での受信機(SDR)の所在を示すMAP ]

残念ながら西日本のエリアにはありません。

Img20200706n001k

上のスクショは京都にある受信機(SDR)にアクセスし、MBSラジオを聴いているところ。

中波(AM)のローカル局、FMのローカル局、アマチュア無線も周波数を合わせるだけでOK。

・・・

少しブラックなことを書きますが、災害発生時、この受信機によって近傍地域の状況を知ることができます。

(事象1)現地のインターネット不通

(事象2)現地の停電

(事象3)NHKのラジオ放送中継局の状態:非常時の空中線電力

(事象4)竜巻や落雷の発生気配

(非常時)アマチュア無線の傍受

(非常時)防災無線などの傍受

等々。

昨日から九州地方が豪雨に襲われていますが、もしこの受信機が九州地方に複数箇所にあれば、テレビやラジオの放送内容以外の被災状況をある程度推測することができると思われます。

昨秋の上京時、あの台風19号によって北海道に帰れずホテルに篭っていたときは関東各地の受信機を傍受して得られた情報によっていち早く羽田発の便をキャンセルし成田発の便(運航再開の初便)に乗ることができました。

平時はインターネット上の額面通りの情報で何ら問題はありませんが、災害発生時は情報が錯綜しますから、いろいろ想像して自己の進路や対応を決定していかなければなりません。

いささか蛇足が長くなりました。

私にとって利器以外の何物でもないSDRについては今後もどんなことに有益なのか試していくつもりです。

良いアイデアを見つけてまた投稿したいものです。

 

 

| | コメント (0)

絵手紙と手紙

Img20200705m001

80歳の誕生日を迎える母のもとに届いた叔父からの絵手紙と手紙。

ひたすら、感謝。

| | コメント (0)

情報収集(2020夏トレンド)

ネットニュース(のインデックス)はざっと見で済ませることが多いのですが、ざっと見するためにはサムネールがあったほうが断然便利です。

私の場合はこんな風にしています。

Img20200703-82726

(その1)

Img20200703-82809 

(その2)

ネット上のAPIを使用して「自分用」ニュースサイト風にしてしまうというものです。

技術的には、DockerとNode.js によって生成しています。

Dockerなのでラップトップ上にも構築できますし、家NAS上にも比較的簡単に構築できます。

手法や手順については後日追記していこうと思っていますが ... 改造してからかなぁ .. 

 (続く)

 

 

 

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »