ニュース

シャングリラ

5時。
ピエール瀧(瀧正則)=ウルトラの瀧容疑者が麻薬取締法違反(コカイン使用)の疑いで逮捕のニュースに触れる。
あらら。
また俳優である。ミュージシャンである。
テレビや映画でよく見る名の通った芸能人たちのスキャンダルは悲しい。
つい先日は韓国でもあった。
どこの国の芸能界も厳しい状況にあることは間違いないと思われる。
芸能界には必ずその世界を貶める輩が定期的に登場する。
カネと名声に起因する誰の目にもわかりやすい犯罪の数々。
異常なのはここ数年における事件頻度だ。
芸能界は華やかだ。華やかに違いない。
効きの短いコカインで日に何度もシャングリラに行っていたのかと思うと、いくら俳優がにわか足袋屋や殺し屋を好演したところで、つまらなくなるのである。
華やかさのひとりなのだから、俳優やミュージシャンはもっと自分や自分の立場を大切にしてほしい。
成功者や下積み中のいかんに関わらず、あなた方こそが芸能界だ。
私たちはシャングリラ然の芸能界をいつまでも見せつけられていたいのだ。
多分。
いやはや。
大河ドラマの編集、大変なことになっているのだろう。
本当に本当に残念。

| | コメント (0)

LEUKEMIA


記事

| | コメント (0)

嬉しいヘッドライン

Imgss20190127m001


| | コメント (0)

SL冬の湿原号

今朝も凄惨なニュースばかりだったので閉口してしまった。
ゆうべの雪を片付けて東南の空を見上げる ...

彼の地釧路湿原も厳寒のなかにある。
来道する旅人には是非おすすめしたい。
SL冬の湿原号。
記事
JR北海道はもっともっとアピールすべきだ。
これほど手間のかかる貴重なツアーはないのだから。


| | コメント (0)

美しさ、煌めく旅

25日に報じられたJR北海道と東急電鉄のタイアップ事業はなんとも魅力的だ。
だが一方で得体の知れない不安を感じてしまう。
論うようで恐縮だが、豪華列車は多分雪原を走行することはできないだろう。
冬季こそ美しい北海道を車中から堪能するなんてことは至難の業だ。素人目にも想像に易い。
この先在来運行にアドオンして豪華列車を走らせるための保線を維持していけるのか、現状では厳しいのではないだろうか。
各地で成功している豪華列車ツアーの北海道版。
それはそれは夢のある事業であるし、それぞれの地域をアピールする機会が生まれるので嬉しい事ではある。
しかし、この事業、列車とツアーそのものが寒冷地仕様として確立していくにはなお課題山積だと言わざるを得ない。
東急は「いいとこ取り」を狙っているようにしか思えない。
JR北海道はいまや鉄道事業におけるプラットフォーマーの担い手とは言えない瀕死の状況なのだ。
毎年100億円の赤字経営が続いているのだから。
「美しさ、煌めく旅」は、JR北海道・東急電鉄ともに経営に余裕がある際の「ついで事業」に位置付けられるべきものなのだと思う。
赤字解消を早急に進めていきたいJR北海道は後手にまわることが多かった。後手番の鉄道事業者が冬季と過密な道央圏ダイヤをぬったなかで豪華列車を運行させていけるものなのか。そしてこの事業を本業の経営改善につなげていけるのか注視していきたい。

記事
イメージ

| | コメント (0)

よくない

困ったことになっている。学生は犠牲者になるべきではない。
東洋大の件
ルール違反の内容は明白であるべきだが、こういう人に対して「犠牲者」という言葉は使えない。
BANの件
確実に壊れ続けていく地球。
世界の地下水

| | コメント (0)