音楽

音楽を容れない日

SPOTIFYは制限枠まで聴く。
PCでの視聴は毎月すぐに尽きてしまう。
月初だけのお祭りみたいに。
SPOTIFY。
とても魅力的なサービスだが、サブスクってところが実は痛い。
利用者であるはずの私がいつの間にか隷属している状況になるからだ。
嫌な言い方をすれば、SPOTIFYってマクドナルドのハンバーガーだ。
薄利多売みたいな商品規格とメニューの画一性に染まってしまって、こっちは音楽を味わう舌を失ってしまいそうだ。
やはり音楽とはあくまでも自由視聴がいい。
楽曲、視聴時間、音質、どれももっと自由がいい。


でも、おカネがあったら、解決するのかな。


空即是色。


ゆえに今日は音を断とう。


| | コメント (0)

TARKUS

本日のBGM
Emerson, Lake & Palmer

| | コメント (0)

Whitney

Whitney Elizabeth Houston の命日2月11日がやってくる 。

How Will I know

本当に、どうしていたんだろう。
惜しいのだ。

| | コメント (0)

FIT IN 2

Avril Lavigne / Wish You Were Here

置き去りになってしまう前に .

| | コメント (0)

FIT IN

ALAN WALKER / FADED

冷たい夕暮れに .

| | コメント (0)

Madonna Blue


Mb

先週のサカナクションから
Peter, Paul and Mary
The Mamas & the Papas
そして
ILLUSION
と聴いてきた。

あの頃たくさん聴いたなあ。
これこそテープが擦り切れるくらいに。
音楽と美術の融合時間を教えてくれた、今でもきっちり刻み込まれている貴重な一曲。


ILLUSION - Madonna Blue

| | コメント (0)

アルクアラウンド

Arukuaround
嘆くことはない.
歩き回るものだ.
彷徨いの果て、嘆くことがまだ残っているのなら、また歩くだけなのだ.
おそらく無限軌道.
有限を刻む歩と時.
ずっとこの先も飽くことなく歩くわけさ.
天国の明かりを求めたって、いい。

サカナクション ...
このまま行ってほしい 。

| | コメント (0)

DOWN TOWN

Downtown
1975年4月25日
シュガー・ベイブ
名曲 ...

| | コメント (0)

プラットホーム

Metro

原作も映画も、この楽曲も印象深い。
Salyu のボーカルで奏でるいわば叙情詩だ。
今夜ふいに聞き、また沈思してしまった。

 万事に巻き戻しボタンがほしい。
 それがあったとしても、決して押すことはないだろう。
 ただ眺めているだけ。
 それだけでもじゅうぶんに救われる気がする。

叙情詩は終わらない。
いまは巻き戻しボタンなど使わないのだ。
気楽なもんさ、クリックなんざ。
Salyu はいつまでも謡いつづけるのだから 。

プラットホーム
2006年11月1日リリース Salyu 8th single

| | コメント (0)

過ぎ去りし永遠の日々

Bs
2月29日に相応しいバックグランドミュージック。
アルバム Mania Coba2 から ...
ワンフレーズでとても懐かしい 。


| | コメント (0)

より以前の記事一覧