Madonna Blue


Mb

先週のサカナクションから
Peter, Paul and Mary
The Mamas & the Papas
そして
ILLUSION
と聴いてきた。

あの頃たくさん聴いたなあ。
これこそテープが擦り切れるくらいに。
音楽と美術の融合時間を教えてくれた、今でもきっちり刻み込まれている貴重な一曲。


ILLUSION - Madonna Blue

| | コメント (0)

アルクアラウンド

Arukuaround
嘆くことはない.
歩き回るものだ.
彷徨いの果て、嘆くことがまだ残っているのなら、また歩くだけなのだ.
おそらく無限軌道.
有限を刻む歩と時.
ずっとこの先も飽くことなく歩くわけさ.
天国の明かりを求めたって、いい。

サカナクション ...
このまま行ってほしい 。

| | コメント (0)

DOWN TOWN

Downtown
1975年4月25日
シュガー・ベイブ
名曲 ...

| | コメント (0)

プラットホーム

Metro

原作も映画も、この楽曲も印象深い。
Salyu のボーカルで奏でるいわば叙情詩だ。
今夜ふいに聞き、また沈思してしまった。

 万事に巻き戻しボタンがほしい。
 それがあったとしても、決して押すことはないだろう。
 ただ眺めているだけ。
 それだけでもじゅうぶんに救われる気がする。

叙情詩は終わらない。
いまは巻き戻しボタンなど使わないのだ。
気楽なもんさ、クリックなんざ。
Salyu はいつまでも謡いつづけるのだから 。

プラットホーム
2006年11月1日リリース Salyu 8th single

| | コメント (0)

過ぎ去りし永遠の日々

Bs
2月29日に相応しいバックグランドミュージック。
アルバム Mania Coba2 から ...
ワンフレーズでとても懐かしい 。


| | コメント (0)

どうしたんだ ...

Wh_1st
Wh_dies

1990年1月5日札幌月寒グリーンドームのステージが懐かしい。
...
息の長いシンガーになると思っていたのに。
...
悔やまれる
...
合掌

| | コメント (0)

The Power Of Love

The_power_of_love_sk
世界の二極化が綻び始めた頃、FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD は現れた。
ノォトに雑文を書き連ね夜な夜な思い描いたことは「全能」の存在だった。
誰がこの世界を救うのか。
この先はまた衝突なのか。
ときに息苦しさを感じながらも若さはその場を駆け抜けるだけの力を持っていた。
想像上の近未来からの逃避行がかなったのはこの頃の音楽によるものだ。
音楽の域以外に癒しを求めた友はこの曲には振り向かなかった。
本当に残念だった。
これは決別の詩 。


The Power Of Love by Frankie Goes To Hollywood
Album: Welcome To The Pleasuredome Released: 1984
UK Chart: 1

| | コメント (0)

1983 それだけの...

Thats_all
ターンテーブルがゆっくりと動き出した。
新調したMC型カートリッジを用いて最初に聞いた、Genesis
That's all はとてもしなやなで洗練されていた。
歌詞は別として、今もメローな楽曲に他ならない 。


| | コメント (0)

2曲だけの DESTINY

MY LITTLE LOVER / DESTINY
7th Album " organic " 2002.12.11 Release

シングルのリリース当時は知らない楽曲だった。
テレビドラマもほぼ見ていない頃だから。

体調が思わしくないから、
新しい音楽を聞くことさえ億劫だった。
MY LITTLE LOVER、つまりは小林武史作品って
スキップしていた。
でも、このことが幸いしたのかもしれない。

リリース4年後に発表されたアルバム・バージョンが秀逸。
ユーミン の " DESTINY ”と MY LITTLE LOVER の " DESTINY " 以外、
" DESTINY " という楽曲は必要ではないだろう 。


| | コメント (0)

人生の扉

Jinsei_no_tobira
アルバム Denim (2007年)から

死の引力が効いているせいなのだろうか。
ちょっとばかり人生を俯瞰するみたいな・・・。
力を抜いて行こう 。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧