日記・コラム・つぶやき

///X・Y・Z

Img20181110dt007


この頃はWHAT3WORDSをもっと有要に使う手立てはないものか、考えている。
緯度経度だけにとらわれていない点がいい。
上の画像のように、紅葉時の池への下り坂の地点が「あさせ・かえで・おくゆき」なのだから、ただただ楽しい。
自宅玄関先の3M×3Mエリアが「なにか・ごがく・ぶんつう」だなんていうのも気に入っている理由。
ちなみに自宅居間のあたりは「えあこん・つながり・としょ」と、なんだか出来過ぎくんなのだ。


| | コメント (0)

掏られた日

Img20181103n003
好天にめぐまれて公孫樹や楓の枝越しにたくさん空を見ていた。
この空見と空見の酔いこそ実は恐ろしい。
私の場合そのすきに時も居場所も掏られてしまうからだ。
正直言って今日はおそろしいほど掏られてしまったと思っている。
辛さ苦しさ悔しさの一揃えがほぼ残っていないのだから。
のどかとしか記憶に残らない日。
つまり、掏られた日。

| | コメント (0)

ご都合主義

Img20181102m001
今回閣議決定した入管法改正案では国家安康とはならない。
ひたすら人手不足解消のために外国人を受け入れようとする現政権の力技は無謀だと思う。
先年人口統計にも取り込んだ外国人住民の生活実態や彼らのおかれている社会環境をもっと調査すべきであると考える。
そして何よりも期間限定をやむなくする国民(=外国人住民)の参政権がおろそかになってはならない。
これらの点をクリアできる見込みがないのに法案化を目指すのは甚だ以って拙速ではないだろうか。


| | コメント (0)

阿頼耶識

Img20181101n002
この時節は残念ながらいろいろ薄れてしまう。
ネットで綺麗なものばかり見せつけられて、自分の好きな色や形が分からなくなっているようだ。
この当惑、延々と続いていくのだろうか。


| | コメント (0)

集積隘路

Img20181021m004
過去に何か良い手立てはなかっただろうか。
ここにきて灯油の高騰は相当きつい。
自分たち限定の誤魔化し方を駆使して、この次の冬を遣り過ごそうと思案している。
お世話になった古いチップを見つめながら。

| | コメント (0)

行き先

Img20181015m001wifi6
次世代なんとかのフレーズに触れるたびに自分の暮らしについてそしてこの先について考え込んでしまう。
このまま何もかも受容して幸福になった気持ちになって有頂天に連れて行ってくれるほど人知は万能ではない。
敷いてきた線路のその先を繋げようとしているだけ、私たちはその先を行き先だと盲信しているに過ぎない。
と、思う。

| | コメント (0)

ジョークを嗤う勇気

Img20181012em002
其▼ 処▽ 彼▽ 処▽でジョークが広まっている。
正確に言えば、ジョークのような現象を目の当たりにして今や麻痺状態となっている。
あの合衆国大統領のつぶやきがもたらす混乱に立ち向かうには相当な覚悟そして勇気が必要と思われる。
人々は日々個々のセンサーを潰されているのだから。

| | コメント (0)

ブート

Img20181005em001
願わくば、機械のように目覚めたい ...
とは、秋によく訪れる気まぐれ。


| | コメント (0)

GOOGLEの縛り

Img20180926215752ex
離れたり動いたりしないように、されている。
今や、GOOGLEの仕組みの中に、私の生活は存在している。(あくまでも私感ですが)


| | コメント (0)

電波頼り

Img20180922m002ef
電波を使わない暮らしは困難極まりないということ。
これこそが最先端技術消費社会の宿命って、納得できますか?


| | コメント (0)

より以前の記事一覧