日記・コラム・つぶやき

hogeヰ

IWCを脱退したわが国は昨日から商業捕鯨を31年ぶりに再開した。

当時日々水産新聞を読んでいた私はこんなフレーズを覚えている。

「もうクジラでは商売できない」、関係者の声とはこうだったのだ。

この間、水産行政がねじれるように動いて迷走したのは政治屋のお節介の仕業に他ならない。

国際法の枠組みから外れる蛮行に至ったのは「固有の食文化」の大義名分がまかり通ると浅慮したお節介な人たちの存在なのだ。

彼らは多分クジラの刺身なんて食べない。断然ビフテキのほうが大好きなあぶらギッシュなおじさんたちだったのだ。しかも、視界も世界も狭い。

さてさて今回の件、再開した商業捕鯨だが実のところ数量規制を設けている。

商業捕鯨なのだからお構いなくバンバン獲ればいいじゃないかッとつっこみを入れたいところだが、実情は複雑であるようだ。

単純にクジラ消費の低迷にさらされる予測があるからかもしれない。

日本近海で捕獲できるようになったことでより新鮮なクジラ肉に触れる機会が増えそうだが、私たちは正直なところどうだろう。

食べ物としてはさほど美味しくないといった印象がつきまとっていては食品市場では生き残れないに決まっている。

海のジビエとでも宣伝して裕福層に良い部位を高値で購入してもらう位かな、食肉として安くないクジラ肉には需要はなさそうだ。

ミンククジラは身より脂。

ツチクジラなんてたぶん流れ流れて肥料でしょ。

日本中の冷凍倉庫には採算の合うクジラを保管する十分なスペースはないはずである。

数年先にIWCに泣きつくのは誰の大臣のときだろう。

現状のオブザーバー参加なんて誰もまともに相手してくれないということの証左であって、このことを正しく捉えるための情報が乏しかったのはこの間の大メディアの取材力に問題があるからだ。

大量のフードロスを生み出している国の捕鯨なんて世界の目にはhogeだってことかな。(ざんねん)

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

アベ首相

いつもうっかりしてアベ首相を安部首相と入力・確定してしまう。

私の駄文に触れた誰かがいつも誤りを指摘くれその都度訂正している。

学習機能低下なのかはたまた首相へのある意味無関心が為せる業なのか、アベ首相は安部首相なのである。

どんな相手に対しても名前の誤りは失礼なことであり大げさに言えば人倫に悖ることだ。

が、しかしだ。

この頃のアベ首相に対しては悪感情しか湧かないし、彼が国民をないがしろにするようにこっちだって「どうでもいい存在」になっている。

とても悲しい状況だが、民主主義の基本レールを逆手にとって居直っている態度には我慢ならないのである。

安倍首相。いつもご苦労様。いや、いつでもご苦労様。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

サミットへの一感想

G20大阪サミットでは大阪城をバックに記念撮影が行われた。

その大阪城に設置しているエレベーターのことに触れた安倍首相の発言がこれまた物議となっている。

まんま建っているお城の天守閣と復元して建てたお城の天守閣では当然趣向が異なる。

首相は大阪城がどういう経緯で復元されたかご存知ないらしい。

各国首脳を案内しておいて、これ以上恥ずかしいことはない。

戦火で喪った大阪(大坂)の遺産。

反保護主義を掲げてきたサミットのメインテーマが無実化していく今、叫ばなければならないこと・確認し合わなければならないことは反戦だ。

あの発言はお城の再建そして長年次の遺産としての「大阪城」をつくりあげてきた人々に対しても冒涜行為に他ならない。

障がい者への配慮も市井人の感情も解さないこの首相にこのまま任期満了までつきあわなければならないとは、とほほの音が出ない。

 

| | コメント (0)

近くて遠い_行

Img20190627em002

いつでも行けるという理由で実は行かない場所。

たくさんあります。

いつでも行けるうちに行っておかないと「いつでも行ける場所」にはなりません。

はたちの頃からのルールでしたが ... 

| | コメント (0)

Img20190625em001

この頃は早起きが定着している。

花が楽しいのだ。

正しいだろう。

 

| | コメント (0)

於多萌海岸

Img20190625dt002

青の洞窟への航跡 .

| | コメント (0)

2週間気温予報(その2)

2週間気温予報 - サンプル20190620am5.pdf

 

| | コメント (0)

スクーター

Img20190616dt001b 

最初のスクーターを購入したのはあの年の6月。

2台目を購入したのもあの年の6月。

盗難に遭ったことでたぶん世界のルールを知った気分になっていたように思う。

この間世界のルールは巧妙化して人間の心では対応できそうにないところまでに来ている。

 

| | コメント (0)

札幌競馬場でも

Img20190615dt001

良いことだ。

 

| | コメント (0)

また次の場所へ

Img20190611m001

父の命日である。

30年経過しているのに、今もここにいる。

どこにも行けない。

それでも、私たちは歩み続けている。

忘却の彼方を求めて。

あるいは恍惚を夢見て。

さて、次の場所はどこだろう。

父の住まないこの世界がさらに広くなったこの朝に、さらに世迷言。

 

合掌

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧